借用証書

借金とはお金を借りることです。
もし、お金がどうしても足りなくなって借りなければいけない状況に陥ったら、あなたは誰から、またはどこで借りますか。
最初に思いつくのは親や兄弟などの家族または親戚でしょうか。
家族や親戚は融通が利きますので安心することができますが、借りる際には必ず相手はいつまでの返済を希望しているか、利息は必要かなどを確認してから借りましょう。
また、家族間であり少額ならば書面を交わさないこともありますが、必要に応じて「借用証書」を作成する必要もあるでしょう。


借用証書は返済のきちんとした約束でもあり、お互いの記憶違いなどを防ぐためにも役立ちます。
借用証書に記入することは「金○○円借りました」などの文言と、貸し手の名前・住所、借り手の名前・住所、日付などです。
用紙に規定はなく、便箋やコピー用紙などでもかまいません。
お互いのトラブルを防ぐため、身内であっても借用証書を作成するのは大切なことです。


借り手は借金を全て返済した際、貸し手から受領書を書いてもらう、または借用証書の原本を返してもらうことで借金の完済を証明することができます。
しかし身内にお金を借りられない場合、他の方法でお金を借りなければいけません。
まずそのお金は短期間必要なのか、長期間必要なのかを考えてみましょう。


金額と期間によって最適な借り方を選択しなければ、利子が高くなりすぎて返せなくなったり、更なる借金をしなければいけなくなりますので、注意が必要です。

Copyright © 2014 借金をする際の注意点 All Rights Reserved.